嶋原 末廣屋 葵太夫

幼少の頃から芸事に親しみ、2歳から禿(かむろ)、12歳から見習いの振袖太夫として過ごし、平成26年に一本立ちの「葵」として下鴨神社にてお披露目。昔ながらの手順を踏んだ太夫の店だしは50年ぶりのこと。「葵」になるまではタレント業もこなし、司会をはじめ、舞台・ドラマ・映画にも出演。母である司太夫と30年間勤めた置屋を独立し平成26年に「末廣屋」を開設。嶋原の再生に日々東奔西走。

6( 1 〜 6 件 )
嶋原の葵どす。苦境を乗り越え少しずつ動きだしております。今回は葵太夫が誕生...
2020.09.25
京都
いつもおおきに、嶋原の葵どす。新型コロナウイルスでリーマンショック以上の非...
2020.05.14
京都
お節分といえば「鬼は~外!福は~内!」とお豆さん撒きますね??そのお節分は...
2020.01.20
京都
昔、嶋原の中で「お餅つき」があったんどす。約300年間続いていた年末行事ど...
2019.12.19
京都
おおきに、嶋原の葵どす。 連載の後半は、「太夫」とは?の説明をさせていただ...
2019.04.12
京都
日本最古の花街である「嶋原」は、遡ること600年程前の室町時代に「傾城町(...
2019.03.14
京都