皆さん、あけましておめでとうさんどす。
昨年は初めて書かせてもぉてから、たんとの方に読んでいただけてほんまに嬉しおす。
おおきに。本年もどうぞよろしゅうおたのもうします。

4回目となりました、今回は……
2月3日のお節分のことをお話しさせてもらいたいと思います。

お節分といえば、「鬼は~外!福は~内!」とお豆さん撒きますね??
そのお節分は「おばけの日」とも言われています。

「おばけ??なにそれ??」
と思われる方もまだまだいはると思います。

昔は、立春(2月4日)に年が変わるといわれ、お節分の日は大晦日どした。
その大晦日に仮装をして神社・仏閣にお参りし、一年の厄を落としていました。
この風習は平安時代にまで遡り、陰陽師(おんみょうじ)の世界に通じます。

年が変わるということは、「恵方が変わる」ということ。大晦日に神様が次の年の恵方に大移動します。
その隙間を狙い、地獄から魑魅魍魎(ちみもうりょう)が現れます。
魑魅魍魎が自分たちに憑かないようにするための手段というのが……

「自分でないものに化ける」

鬼(=厄・疫)を化かすという方法どした。これが京都の町中の古い風習やったんどす。

戦後、町中では「おばけ」をやれるような状況ではなかったんどす。
唯一続けることができたのが、花街どした。
せやし「おばけ」というと、芸舞妓がしている『花街の行事』に思われがちですが、元々は『町衆の文化』やったんどす。

うちの母、司太夫が20年以上前に立ち上げた「こったいの会」では、再び町中に戻したいという願いから、一般の方、お客様みんなで化けて恵方回りをしています。

みんなで、好きな格好して、鬼を化かして、厄を落として、気持ちよぉ新年を迎えまひょ?


【Information 1】 こったいと行く!節分ツアー

日程:2020年2月3日() 10:4521:00

場所:APA祇園ホテル~市内一円

料金:15,000円 移動の交通費、パーティー料金、恵方巻き、豆、お土産込み

*二次会は、司と葵の行きつけへ福豆を配りにまわります。(別途2,000円)

*三次会は、芸舞妓のおばけショーを見に行きます。多いときで10組ほど見られます。(別途15,000円 ※芸舞妓への御祝儀を含む)


当日の基本スケジュールは

10:45 APA祇園ホテルを出発

八坂神社→神泉苑→壬生寺→嵐電おばけ列車→天龍寺→千本閻魔堂→田中神社→吉田神社→APA祇園ホテル

APA祇園ホテル地下1階で支度をするため、集合時間は化けるものによって変わります。

*移動はタクシーまたは貸切バスです。

お申し込み・問い合わせ:嶋原 末廣屋 葵太夫 twitterinstagram


【Information 2】映画『燃えよ剣』に、葵太夫役で出演!

映画『燃えよ剣』 2020年5月22日公開予定

原作:司馬遼太郎    監督・脚本:原田眞人

出演:岡田准一、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明 ほか


【おすすめ記事】

葵太夫物語~花街の道も葵(3)嶋原の年末行事「餅つき会」

葵太夫物語~花街の道も葵(2)日本に5人しかいない「太夫」

地元で愛される人気の京酒場~京野菜を美味しく焼いちゃう五十家さん