日本に昔から伝わる季節ごとのお祝い。その習わしや意味について わかりやすく振り返ります。今回は、12月に行われる冬の行事、お正月を迎える準備について。
 

お正月の始まりは12月から。念入りな準備で「年神さま」を待つ

どんな一年であっても締めくくりとなる年末、12月。昔の呼び名で「師走」(しわす)に入っ13日は「事始め(ことはじめ)の日とされます。
なにを始めるのかというと、それはお正月の準備。13日までに神社仏閣では伝統的に「煤払い」(すすはらい)、つまり大掃除が行われてきました。
日本の神さまが好むものとは「清浄」。特に新しい年、すなわち「年神さま」を迎えるにあたっては一般家庭でも、家中の汚れ・ホコリ・穢れを徹底的に取り除くことが大事だと考えられてきました。



12月も下旬になると、より本格的な準備へ。「門松」や「鏡餅」などの用意と、「おせち料理」も作り始めます。
(日本の伝統的なお正月行事についての意味といわれは、こちらの記事を参考に)

ちなみに、正月飾りを出すのは28日までに、といわれています。
29日は「苦の日」、31日は「一夜飾り」といって、避けるべき日とされてきました。各家庭それぞれに都合もあり、必ずしも気にしないという人も増えていますが、本来はそういうものだったのです。

いまの時代、お正月を意識するのはせいぜい三が日だけかもしれませんが、昔は「事始め」から始まる準備から「松の内」が済むまでほぼ1カ月間が、新しい1年の力を授けてくださる「年神さま」と過ごす正月祝いだという意識がありました。

あらゆることに集中を避けての分散が必要になった今年は特に、早めに準備を始めて、いつもより長いお正月を過ごすのもいいかもしれません。

太陽の力=生命力が最も弱まる「冬至」の過ごし方

例年1222日頃にあたる「冬至」(とうじ)は、1年でもっとも昼の時間が短い日のこと。
古来この日は、太陽の神さまの霊力がもっとも弱まる、つまりあらゆる生命力が弱まる危険な日だと考えられてきました。

逆にいうと、この日を境に太陽の力も生命力も増していくと言うこともでき、古代において冬至は1年のサイクルのなかで大きな節目の日とされていたのです。

(力が増えるから「ふゆ→冬」と呼ばれるようになった、という説もあります。語源についてはこちらの記事も参考に)
 

さて、今に伝わる冬至の行事といえば「柚子湯」に入る、「小豆粥」やかぼちゃ料理を食べる、などがあります。
どういうことかというと、生命力が弱まる時期に怖いのが、風による邪気、つまり風邪(かぜ)。
ビタミン豊富で冬まで保存がきくかぼちゃを食べて、体を温める柚子湯にゆっくりと浸かる。心身ともに滋養の補給です。また、小豆(あずき)には節分の豆と同じく、邪気を吸う・祓う力があると考えられてきました。

柚子は半分に切ってガーゼの袋に入れて、湯船に浮かせば心も安らぐ柚子湯に
 

年に2回の「大祓」は見えない穢れを除く心身の大掃除

年末最後に行っておきたいのが「大祓(おおはらえ)。大掃除で住まいからすっかり汚れを取り除くのと同じように、心身の穢れや罪、厄を取り払うための行事です。
家の中のゴミやヨゴレと違って心身の穢れ(けがれ)は目に見えません。ですが、どちらも放っておくと病の元になるもの。これを神様の力で祓っていただくというものです。

日本中の神社では、12月31日の大晦日と6月末日の年に2回、大祓の神事が行われます。 
多くの神社の社務所では、それぞれ月の始め頃から「人形(ひとがた)」を配布しています。こちらにそれぞれ自分の穢れを移して神社に納め、大祓の神事のとき、全員まとめてすっかり祓っていただくためのものです。
大祓を受けたいと思うなら、最寄りの神社にお参りにいったとき問い合わせてみてください。年末といっても大晦日当日ではなく、それよりも前に行ったときに予め済ませておきたいところです。

 

 

人形(ひとがた)に名前を書いて体のあちこちを撫でます。最後に息を吹きかけて。これを初穂料と一緒に神社へ納めます

 


原文/平井かおる(日本の神道文化研究会

イラスト/今井未知 www.michiimai.com

参考文献/『暮らしのしきたりと日本の神様』(日本の神道文化研究会 三橋健+平井かおる/双葉社)


【おすすめ記事】

にほんの四季を祝う行事(春)~お正月・節分・ひなまつり

四季を祝う行事(夏)~端午の節句・七夕・夏祭り

いくつ知ってる?人生の節目を祝う伝統行事の意味・いわれ