元旦に始まり、門松を取り去る1 (地域によって違っていて、短いところで三が日、関東地方では7日など)すなわち「松の内」までがお正月。
単に暦が新年になるだけではなく、年神さまをお迎えするのが「お正月」の行事。 日本では古くから元(はじめ)には大きな活力が宿っていると考えられてきましたが、元日に、その年の活力を与えてくださる「年神さま」をお迎えして、お正月を共にします。

お正月を象徴するさまざまなものは、年神さまと関連しています。 例えば、門松は年神さまがお越しになるための目印。鏡餅(かがみもち)は年神さまへのお供えであると同時に、その魂が宿るためのものでもあります。

年神さまの前でケンカは禁物。お正月にケンカをすると、もめ事の多い一年になるのだとか

家に年神さまをお迎えしたら、次は「初詣」。好きな神社・人気の神社だけでなく、暮らしている地元をいつも見守ってくださる氏神さまにも忘れずに新年のご挨拶を。

遠石八幡宮(山口県周南市)の初詣風景

節分~「鬼は~外!」の豆まきで厄や邪気を祓い春を迎える

日本には春・夏・秋・冬の四季があります。それぞれの季節の気配が訪れる日とされるのが立春・立夏・立秋・立冬。「節分」は季節を分けることを意味し、本来は春夏秋冬それぞれの始まりの前に節分がありました。現在、立春の前日だけに節分の行事が残っています。

旧暦が使われていた時代、立春はお正月の始まりとほぼ重なりました。なので、その前日の節分には、1年に溜まった目に見えない穢れや厄、邪気を祓うために豆まきをします。
古来、豆には悪いものを祓う力があると考えられてきました。家中の窓や扉を開けて元気よく「鬼は~外、福は~内!」と豆をまくのは、まるで子どもの遊びのようにも見えますが、新しい1年をさっぱり気持ちよく迎えるためのお祓いなのです。

今ではお正月後の2月に節分が来ますが、ここまでが健やかな1年を過ごすための下地作りと考えてもいいでしょう。

節分の豆を食べるのは、体の中からも厄や邪気を追い出すため

常陸国出雲大社(茨城県笠間市)の節分祭

ひなまつり~人形の始まりは、人の厄災を代わりしてもらう「ひとがた」

ひなまつりは、正しくは「上巳の節句」別名「桃の節句」ともいわれます。「節句」そのものは季節の節目のお祝いを意味し、このほかに5月の「端午の節句」、7月の「七夕の節句」などがあります。

「お祝い」というと楽しく晴れやかなことを思うかもしれませんが、その背景には、つつがなく健やかであることを祈る気持ちがありました。
ですから季節のお祝いの行事には、健やかであることを阻む穢れや災いなどを祓うための行いが含まれています。
ひな人形の起源は紙で作った人形(ひとがた)で、その次に「流しびな」が作られるようになります。どちらも、私たちの心身に溜まった目に見えない穢れを肩代わりしてもらうためのもので、これを川海に流しました。いまでも数多くの神社で受け継がれています。

今のような医療のなかった時代、季節の節目である節句ごとに、こうした行事を設けることによって人々はつつがない日々を願い感謝してきたのです。

「ひな人形を早く片付けないと婚期が遅れる」とう俗説は、人形を川に流していた時代の名残りという説も

座間神社(神奈川県座間市)のひなまつり

 


文/平井かおる(日本の神道文化研究会)

イラスト/今井未知 www.michiimai.com

参考文献/『暮らしのしきたりと日本の神様』(日本の神道文化研究会 三橋健+平井かおる/双葉社)


【おすすめ記事】

にほんの四季を祝う行事(冬)~煤払い・冬至・大晦日

いくつ知ってる?人生の節目を祝う伝統行事の意味・いわれ