昔から日本に伝わる季節ごとのお祝い。その習わしや意味について、あらためて振り返ります。今回は、初夏から夏の行事について。

夏のお祝い行事は、2つの「節句」があります。
●端午の節句(5月5日、子どもの日)
●七夕の節句(7月7日、たなばた)
そして、この時期には神社仏閣では「夏祭り」が行われることが多く、有名なお祭りもたくさんあります。
 

端午の節句~勇ましい男の子のお祝い

5月5日は「端午の節句」(たんごのせっく)。
現在は国民の祝日で「こどもの日」になっていますが、3月3日の「ひな祭り」(上巳の節句)が女の子のお祭りであるのに対し、歴史的に男の子のためのお祭りとして祝われてきました。鎧兜の勇ましい武者人形を飾るのはそのためです。
端午の節句は、他の節句と同様、中国から伝来したものですが、いまのようなかたちになるのは武家社会が確立した江戸時代以降のことになります。

端午の節句を祝う元来の姿として現代にも広く伝わる習わしが、「菖蒲湯」(しょうぶゆ)と「ちまき」
旧暦の5月5日は今の6月になり、梅雨の季節で流行病が恐れられる時期でもありました。菖蒲は昔から解毒作用のある民間薬として知られ、その葉を入れた「菖蒲湯」に浸かる習慣は今に引き継がれています。
ちまきは漢字で「茅巻き」と書きますが、茅萱(ちがや)は病や災厄などの悪いものを避けると昔から信じられてきた植物。「茅の輪くぐり」の茅です。
日本最古のお菓子のひとつで、もともとは中国伝来の故事伝説にもとづくもので節句思想とともに伝わってきました。

もうひとつ、もっと後世の江戸時代から加わった端午の節句のお菓子が「柏餅」(かしわもち)。柏という木は、新芽が出てから古い葉が落ちる特徴があり 「家系が途絶えない」ということで子孫繁栄、縁起ものとして広まっていきました。二つ折りにした柏の葉にあん餅をはさんだ、日本生まれのお菓子です。

 

ちまきと柏餅(かしわもち)、端午の節句には欠かせない縁起物のお菓子
 

七夕~織姫と彦星の物語とは違う、もうひとつの「たなばた」の意味

7月7日「七夕」(たなばた)といえば、一年に一度だけ織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が会えるというお話と、願いを書いた短冊を笹につるす行事として知られています。
これらの伝説と風習は、ともに中国から伝わったもの。そこに、神さまの衣を織る棚機女(たなばたつめ)という日本古来の伝説が加わって、7月7日が七夕と呼ばれる節句になりました。

一方で7月7日には、もうひとつの意味があります。お盆(旧暦の7月15日、現在は8月15日前後) の準備を始める日でもありました。
「たなばた」の「たな」とは、ご先祖さまへのお供え物などを並べる棚のこと。そこに旗を立て、ご先祖さまをお待ちする、という意味もあったのです。
お正月の準備を12月に入ってから始める(「正月事始め」)と同じような考え方です。

七夕飾りに欠かせない笹は、古来、神様の霊が宿る「依り代」(よりしろ)となる植物だった
 

夏祭り~氏神さまに夏場の厄を祓っていただく行事

町中にお囃子の練習をする音が響き始めたら、もうすぐ夏祭りの合図。 どうして夏だったのかというと、都市部でもっとも恐れられた災厄、すなわち疫病が退散するようにと願って始められたものでした。
たとえば、日本でもっとも有名な夏祭りのひとつである京都・八坂神社の祇園祭。このお祭りは、平安時代から始まりました。八坂神社のご祭神・牛頭天王(ごずてんのう)には当時大流行した疫病を抑える力があると信じられ、そのお力を発揮していただくために、あの盛大なお祭りが行われるようになったのだと伝えられています。

夏祭りには欠かせないものにお神輿(みこし)があります。 氏子たちがお神輿を担いで町内を練り歩きますが、これには神さまの力を地域の家々に分けていただく、という意味もあるのです。

新型ウイルス感染症拡大によって、2020年・2021年も、お神輿が町中を練り歩くようなかたちは難しい状況にあります。それでも多くの神社仏閣では、疫病退散を祈る神事・行事としての夏祭りは今年も行われます。
夏祭りが日本で長く行われてきた本来の意味を静かに振り返り、残る半年あまりの平穏と無病息災を祈りたいものです。
 

お神輿は神さまの乗り物。上下左右に振ることで神様の力がパワーアップすると考えられてきた

 


原文/平井かおる(日本の神道文化研究会)

イラスト/今井未知 www.michiimai.com

参考文献/『暮らしのしきたりと日本の神様』(日本の神道文化研究会 三橋 健+平井かおる/双葉社)


【関連記事】

にほんの四季を祝う行事(冬)~煤払い・冬至・大晦日

にほんの四季を祝う行事(春)~お正月・節分・ひなまつり

いくつ知ってる?人生の節目を祝う伝統行事の意味・いわれ