普段、私たちが何気なく使っている日本語。たとえば「おめでとう」や「ありがとう」という言葉が、いつ頃から使われていて、どうしてそう言われるようになったのか。考えてみたことはあるだろうか? 
日本語には、古くは中国大陸から入ってきた漢語を中心とした「外来語」と、はるか縄文・弥生時代にまで歴史をさかのぼる日本固有の「やまとことば」の2種類がある。
「やまとことば」は主に話し言葉として使われつづけ、後付けで入ってきた漢字から離れて「音」そのものが意味をもつことが多く、そこがひとつの特徴でもある。
数千年という長い時を超えて今もなお使われ続けている「やまとことば」の世界を、ほんの少しだけ紹介しよう。


誰もがよく知っている、あの言葉の本来の意味とは?
●春夏秋冬(はる・なつ・あき・ふゆ)
●おめでとう
●ありがとう
●たのしい
●家(いえ)
●人体と植物の呼び名が一緒?
●手当て
●ことばに宿る不思議な力

 

 


 

春は芽が「はる」、秋は食べ「あき」る

四季のある国、日本。それぞれの季節を示す日本語は「春・夏・秋・冬」、それぞれの語源・由来は諸説あるが、こんな考え方はどうだろう。
万物が芽吹く季節、「春」の語源とは、芽が「はる(張る)」。植物をはじめとして生命力があふれ出す季節を表現している。
「夏」の語源は、はっきりしないが「あつ(暑い)」が変化したもの、という説がある。
そして収穫の「秋」は、一年でいちばん「あき(飽き)」るほどに食べ物があることを意味しているのだという。
「冬」は、春から始まる作物づくりのために力を蓄える季節。古代の日本人は、ものを振ることによって霊力が増えると考えたため、「ふる(振る→増える)」が語源という説がある。
いまでも使われる日本の四季を示す言葉には、季節の訪れを喜んだり身構えたりしていた、遠いご先祖様たちの暮らしや感情が息づいている。
 

「おめでとう」は「めでた=芽出た」

 「おめでとう」とは、「めでた」、すなわち「芽が出た」状態を表すという説がある。芽が出るのは、それだけ成長したということ。
人生のステップを一つ登った、あるいは新年を迎えて一つ年を重ねた、などの状態を示す言葉が、転じてお祝いの言葉になったと考えられる。
たとえば就職も結婚も人生のひとつの節目だが、そこで贈られる「おめでとう」という言葉には、新しい家族や仕事という「芽が出たね」というお祝いの意味。加えて、出た芽をしっかりと育ててほしいという願いを込めた励ましの言葉でもある。責任重大だ。
 

「ありがとう」=「有り難い」こと

「ありがとう」を漢字で書くと「有り難う」。有ることが難しいものがそこに存在し、めったに起こらないような嬉しいことが起こるから「ああ、有り難い!」「有り難う!」となる。
現代では当たり前に感じる「健康に生きていること」や「食べ物があること」は、大昔の日本では文字どおり「有り難い」ことだった。
だからこそ、そんな奇跡のような計らいをしてくれているのは、きっと「神様」だと人々は考えた。
私たちが毎日なにげなく使う「ありがとう」は、本来そうした目には見えない神様の存在や、その計らいに感謝する言葉だったと考えられる。
 

「たのしい」=食べものが「手の上にいっぱい」!

「たのしい」の「た」とは、「て(手)」の音が変化したもので、「手の上にたくさんものがのっている状態」を示しているという説がある。
古語である「たのし」を古語辞典で調べてみると、「満腹で満ち足りた気持ちである」と書かれている。
私たち現代人の多くが「楽しい」という言葉から連想するのは、レジャーや買い物などのお金を使って得られる喜びや、日常・非日常のもっと刺激が多い状態ではないかと思う。しかし、本来「たのしい」は、たくさんの実りに恵まれて、お腹いっぱい食べられる状態のことだった。
古代の人たちの暮らしと、そこかから来る価値観は、もっとシンプルだったのだ。
 

「いえ(家)」は、ハウスじゃなくてホーム

国語辞典で「いえ(家)」を引いてみると、最初に「人が住む建物。家屋」と出てくる。しかし元々の意味を調べると、ちょっとニュアンスが違う。
「いえ」は、古語では「いへ」と書く。「い」という言葉は、それだけで「神聖なもの」という意味を持ち、「へ」は「辺(あたり)」の意味。つまり、いえとは「神聖な辺り」、生きていくパワーが集まる場所のことをいう。
ちなみに「建物」の方は、「や(屋)」。やど(宿)の「や」で、物理的に雨風をしのぎ体を休ませる場所、という意味だ。
いえは「や」である以上に、人が生きていく活力を養うために帰るべき場所、英語でいえば「Home」ということになる。
 

「からだ(体)」は幹で、手足は「えだ」?

人間の身体(からだ)にある。「め(目)」「はな(鼻)」「は(歯)」「みみ(耳)」。これと全く同じ音で別の言葉が、私たちのよく知っている、身の回りにあることに気づいているだろうか。
それは植物で、「め(芽)」「はな(花)」「は(葉)」「み(実)」、なんとなく人体と似ていて、たんなる偶然とも思えない。
からだの中心のことを「幹」ともいう。本体そのものを意味する言葉だが、幹といえば「木の幹」。面白いことに、古代人は手足のことを「えだ」と呼んでいたという話もある。
もしかすると古代の日本人は、人の体(からだ)を植物に見立てて、同じように名前を付けたのかもしれない。


手を当てるから「てあて」、心で痛みを和らげる

子どもの頃のことを思い出してみてほしい。どこか痛かったり具合が悪くなった時に、お母さんはやさしく手で触れて「痛いの痛いの飛んでいけ!」と言わなかったか。それこそが「てあて(手当て)」だ。
手のひらは、昔の言葉で「掌=たなごころ」ともいう。これは、「手の心」という意味。
ケガや病気をした時に処置をすることを「手当て」というが、昔は、痛みがあれば手を当て、掌を通して痛みを和らげようとした。
掌から伝わる温もりには、心が感じる痛みを癒す力がある。心に苦しみを抱える人の背中に、そっと手を当てる。それもまた「てあて」だ。
ちなみに、漢字の「看護」の「看」は、「手」と「目」を組み合わせた字。手を当て掌で相手をみる、という意味だ。

「ことば=言の葉」には神聖な力が宿る

「ことば」の語源とは、奈良時代以降に生まれた「ことのは(言の葉)」。では、それ以前にどう表現していたかというと、「こと」。ただそれだけ。
物事や事柄などに含まれる「事」、こちらも古くから「こと」。その昔、日本では「言葉」と「出来事」は、どちらも同じ「こと」という言葉で表されていた。
どうして同じなのかというと、日本に古くから伝わる「ことだま(言霊)信仰」というものがある。口に出した言葉、心に思った言葉は、本当の事として実現してしまう、そんな風に考えたのだ。
うれしいこと、たのしいこと、嫌なこと、悲しいことも。言葉に宿る神聖な力は、実際の物事をも動かす。
ネガティブな言葉はネガティブな事態を招くかもしれない。そう考えたら、使うのを極力避けたくなるはずだ。
 

ことばの元々の意味や成り立ちは知らなくても、「やまとことば」は長い時を超えて、いまも使われ続けている。
声に出して言ってみて、さらに本来その言葉が持つ意味を知ることで、なぜだか背筋が伸びるような、自分の中心にきゅっと力が入るような気持ちになるはず。
何か辛い状況に陥ったときも、大事な誰かの手のぬくもりを思い出せば、少し安心して、がんばれそうな気持ちにもなる。
「ありがとう」とお礼を言うときにも、それは「有り難い」ことなのだと思えば、いつもよりも気持ちを込められそうな気がする。
膨大な情報、すなわち言葉が溢れる時代だからこそ、私たちのご先祖様が贈ってくれた素朴でポジティブな「やまとことば」を大事にして、そこに宿る不思議な力に癒されてみたい。

*参考文献:『ひらがなでよめばわかる日本の言葉』(中西進著/新潮文庫)、『岩波 古語辞典』(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎編/岩波書店)、『古典基礎語事典』(大野晋編/角川学芸出版)『暮らしのしきたりと日本の神様』(双葉社)
 



原文/平井かおる(日本の神道文化研究会) 

イラスト/今井未知 www.michiimai.com
 


【おすすめ記事】

いくつ知ってる?人生の節目を祝う伝統行事の意味・いわれ

にほんの四季を祝う行事(春)~お正月・節分・ひなまつり

意外と知らない?神社とお寺の違いをクイズで学ぼう(入門編)