例年であれば大型連休の前後は、帰省や旅行で飛行機に乗る人が多かったはず。それ以外の時期も、出張や旅行は珍しいことではなかった。
状況が一変した2020年、それでも徐々に日常が戻りつつある今。久しぶりに飛行機に乗る予定がある、でもなんだかちょっと怖い気もする、という人に空の旅、渡航の安全祈願におすすめの神社を紹介しよう。

秋の神社は結婚式や七五三など特定の目的があって訪れる人も多いものだが、もっと気軽に、お参りに行って記念にお守りを求めるのもおすすめだ。縁結びや厄払い、交通安全のお守りは、きっと見たことがあるはず。じつは「航空安全」のお守りが用意されている神社もある。旅行保険は欠かさないという慎重派も、大切な人の安全を願う人も、以下の神社にお参りに行く機会があればぜひ探してみて。

●<東京・大田区>航空関係のお仕事の方にはおなじみの「羽田神社」
●<群馬・伊勢崎市>プロペラのお守りで航空安全を祈る「伊勢崎神社」
●<京都・上京区>雷と天空も支配する強大な神様を祀る「上賀茂神社」
●<福岡・大宰府市>飛梅にちなんだ航空安全御守のある「太宰府天満宮」

 

航空関係のお仕事の方にはおなじみの「羽田神社」

まず紹介するのは東京の空の玄関口、羽田空港と周辺エリアの氏神様になる「羽田神社」。
航空会社や旅行・航空関係者はもちろん、航空ファンや、航空業界への就職を希望する人が合格祈願に多く訪れることで知られる神社だ。

飛行機が描かれた「航空安全御守」は、赤と青の2種類。また、飛行機をかたどった根付けタイプの「航空安全守」「旅行安全守」もあり、いずれも客室乗務員が毎日付けても邪魔にならない小ぶりなサイズでつくられている。もちろん、航空関係のお仕事以外の参拝も大歓迎。

羽田空港に直結する京急線「大鳥居」駅から歩いて5分の場所に鎮座、搭乗前に少し時間があるときなど、お参りに行ってみてはどうだろう。

羽田神社 https://hakken-japan.com/shrines/hanedajinja/

 

プロペラのお守りで航空安全を願う「伊勢崎神社」

ユニークなプロペラをかたどった「渡航安全・航空安全」のお守りが人気の、群馬県「伊勢崎神社」。

なぜプロペラなのかというと、伊勢崎には富士重工業の前身である中島飛行機の工場があったことから。戦時中、自社でつくった飛行機が無事に帰ってくるように、と中島飛行機の社員が伊勢崎神社に木製のプロペラを奉納したのが始まりだそう。
お守りのプロペラは、いまも職人さんが一つひとつ手作業で彫っているもので、なんとも言えない温かみと素朴さが魅力だ。

自分自身の安全祈願はもちろん、大切な人が遠くに出張へ行くときなど、相手が無事に帰ってこられるように願って贈るのもおすすめ。

伊勢崎神社 https://hakken-japan.com/shrines/isesakijinja/

 

雷と天空も支配する強大な神様を祀る「上賀茂神社」



通称「上賀茂神社」の呼び名で知られる古都・京都の誇る世界文化遺産、「賀茂別雷神社」(かもわけいかづちじんじゃ)。

ご祭神は、雷の字が入っていても雷神ではなく、むしろ雷を制する、雷除けで古来人々の信仰を集めてきた。最近では、雷から転じて「電気を司る神様」として電力や鉄道、IT関連などの企業も参拝に訪れるそう。

上賀茂神社にはさまざまな種類のお守りが用意されているが、天候や大空も支配する強大な力の神様ということで、航空安全のお守りもある。パステルピンクとライトブルーの布地に飛行機が刺繍された、意外に可愛らしいデザインのお守りが頒布されている。

賀茂別雷神社 https://hakken-japan.com/shrines/kamowakeikazuchijinja/

 

飛梅にちなんだ航空安全御守のある「太宰府天満宮」



日本全国の天満宮の総本宮として、日本全国・海外からもたくさんの参拝客が訪れる「太宰府天満宮」。ご祭神にちなんだ梅の名所としても有名だ。

なかでも本殿の向かって右脇にある梅の木は、御神木の「飛梅」。平安時代、右大臣にまで上り詰めた菅原道真公が、無実の罪を着せられ九州・太宰府に追いやられたとき、大切にされていた梅の木が道真公を慕い、京都から太宰府まで一夜にして飛んだという。
太宰府天満宮といえば「梅守」が有名だが、飛び梅の伝説に由来した、紺地に金糸で梅の花をあしらった高級感のあるデザインの「航空安全御守」もあるのだそう。

空を飛ぶ梅の木を実際に目撃したら腰を抜かすどころではないが、それほどまでに大切な人を思う強い気持ちを今に伝えるお守り。遠いところへ旅に出る身近な人へ贈るのにはぴったりかもしれない。

太宰府天満宮 https://hakken-japan.com/shrines/dazaifutemmangu/

 

神社を訪れる目的や、気になるご利益は、人と時によってさまざまだろう。
「交通安全」のお守りでいけないわけでもないし、それならばどちらの神社でも多く見かけるが、航空の安全だけを祈願する「航空安全お守り」は珍しいものだということがわかった。
どんなお守りの場合でも、順序としては、まず社殿に参拝。お参りを済ませてから授与所へ立ち寄り、お守りをいただいて帰ろう。
お守りなど授与品(神社から参拝記念に授かる頒布品のこと)は、時期によって手に入る種類やデザインが変わる場合もある。

そろそろ空の旅に、あるいは仕事の出張で。この秋飛行機で出かける予定の皆さん、どうかお気をつけて良い旅を!

 


【おすすめ記事】

狛犬じゃない!? 思いがけない「狛○○」がいる神社 4選

神社の境内にあるもの~それぞれの名前と意味を知ろう

<イラスト図解>神社の参拝方法~気持ちよくお参りをするために