「神社って初詣ぐらいしか行かないなぁ。ところで手を洗うのってどうするんだっけ?お賽銭を入れてから手を叩くんだっけ?それとも拝むだけ?」
こんな人も、意外と多いのでは。
神社での参拝作法をおさらいしてみよう。

 

1 鳥居の前でおじぎ 

神社は神様がいらっしゃる聖域。俗世から鳥居をくぐって聖域に入る。鳥居の前で一度立ち止まり心を落ち着かせて「お邪魔します」という気持ちで一礼を。

2 参道の脇を歩いて社殿へ

参道の真ん中は神様の通り道。なるべく左右どちらかの脇を歩くようにしよう。手水舎の場所が予めわかっていれば真ん中を横切らないように「手水舎(ちょうずや・てみずしゃ)がある側を歩く」のがおすすめ。

3 手水舎でお清め

日本では古来、日々暮らしているだけで、知らず知らずに罪・穢れを身にまとうと考えられてきた。そのため、昔は神様に失礼にならないよう、川や海に入って全身を清める「禊(みそぎ)」を行ってから神社へお参りしていたそう。この「禊」を簡略化したものが「手水(ちょうず・てみず)」なので、身も心も清める気持ちで行う。

  • 手水舎にも神様がいらっしゃるので、柄杓(ひしゃく)を持つ前に軽く頭を垂れながら拍手を1回打つ。
  • 右手で柄杓を持ち、水をたっぷりと汲み、左手を洗う
  • 柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗う
  • 再び柄杓を右手に持ち替えて、左手の手のひらに水を溜め、口に含みすすいだ後、静かに水を吐き出す
  • 左手に水をかけて柄杓を立てて持ち、残った水を柄の部分に伝わせて洗う
  • 柄杓を元の位置に戻す

柄杓一杯の水でここまですべてを行う。

4 鈴を鳴らす

拝殿に鈴がある場合は鈴を鳴らす。音によって、その場を清め、神様をお迎えする。

5 お賽銭をいれる 

お賽銭箱に、静かにお賽銭を入れる。

お賽銭に金額の決まりはない。「5円玉を含めると、神様とご縁ができる」という話もあるが、これは庶民の間で広まった語呂合わせや験(げん)担ぎ。ご挨拶の参拝か、感謝を伝えたりお願いをしたりするための参拝なのか、その時々で、自分で思うお賽銭を奉納すると良い。

6 二拝 二拍手 一拝

「拝」というのは丁寧なおじぎのこと。腰をしっかりと曲げ深々と、ゆっくりとお辞儀をするイメージで。

  • 二拝=2回、丁寧なおじぎをして
  • 二拍手=2回柏手(かしわで)を打ち
  • 一拝=1回丁寧なおじぎ
  • このあと改めて手を合わせ、「祈念」。日頃の感謝や自分の決意などを神様にお伝えする。祈念が終わった後、軽くお辞儀をしてから下がる(このお辞儀は「二拝二拍手一拝」に含まれない)。下がる時も、本来なら、神様にすぐにお尻を向けずに、数歩、後ずさりしてから、向きを変えてその場を離れる。

参拝を終えたら、授与所でお札やお守り、御朱印をいただくのも良い。ちなみに、お守りは「買う」とは言わずに「いただく」が正解。これらは神様の力が宿った「授与品」(授け与えられるもの)という考えからそのように言う。

間違った参拝は効果なし?

神社の神職さんからこういう話を聞いた事がある。

「お正月やお祭りの日で『鈴が鳴らせなかった』『参道の真ん中を歩いてしまった』ということってありますよね。でも、そんなに気にしなくていいんです。大切なのは真心。一生懸命、心を込めてお参りをすることが大事。

例えば、二拝二拍手一拝の作法がまだ広まっていない頃、額が地面についてしまうぐらいの土下座の姿勢で祈りを捧げる方もいたそうです。これは一般的な参拝作法とは異なるかもしれませんが、神様への祈りや畏敬の念は本物の真心ですよね。だから作法が出来ていないからといってダメってわけじゃないんですよ。参拝作法というのは先人たちが生み出した知恵。作法を知っておくことで、心を込めやすくなるのではないかと思います」

つまり、参拝作法を知ることは「一般常識を知らずに恥をかかないため」というより「神社で心を込めてお参りをする」ため。

正直、神様ってなかなか願いを叶えてくれないなぁと思う。でも神社へ行ってお参りをすることで、自分の希望や決意を再確認できる。自分の心を整える、そんな効果もあるのでは。近くの神社へ、「お参り」してみよう。

 

※紹介した「作法」は一般的なもの。神社によって違う場合があります


文・イラスト/まつもとりえこ(ハッケン!ジャパン編集部)

記事監修/平井かおる (「日本の神道文化研究会」会員・ライター。著書に『暮らしのしきたりと日本の神様』(双葉社) ほか)