お正月も今回ばかりは様変わり。いつもより初詣期間も長く、それでも例年行っている遠くの有名神社ではなく近くの神社さんに、と思っている人も多いはず。
そういえば近所にある神社はなんて名前だっけ?という人もいるだろうが、いろんな神社へお参りに行っている人なら、神社の名前で気がつくことがあるのでは。
そう、別々の場所で同じ名前。頭には地名がついて、「●●八幡宮」だったり「●●稲荷神社」だったり。「何か関係があるの?」と感じた人、ご明察。実はそのとおりで、同じ名前の神社では全国どこでも同じ神様をおまつりしている。
たとえば、全国各地にある八幡宮は「八幡信仰」、稲荷神社は「稲荷信仰」という風に、ご祭神が同じ神社は同じ名前でグループ分けができるのだ。いつから、どうしてそんなことになったのか。

 

神社の名前にもブームがあった?人気が出たから全国区に

神社の歴史は神代の昔といわれるほど古いが、そもそも神社が増えていったのは、それぞれに各地域を守る神様やご先祖様をまつったのが始まり。
そこに大きな変化が起きたのが平安時代。人の行き来が増えていくと「どこそこの神様はたいそうお力があるらしい」とクチコミで神様の評判が広まり、全国的にその名を知られる、いわば人気の神社が登場するようになる。

「うちの地域でも、この神様をおまつりしたい!」と思った人たちが何をするかといえば、「勧請(かんじょう)」といって、もとの神社にお願いして神様の分霊(わけみたま)に来ていただき、希望の場所におまつりする。
そうやって同じ名前をもつことになった神社グループ、具体的に紹介すると、たとえば
・“八幡さま→「●●八幡宮」「●●八幡神社」
“お稲荷さん”→「●●稲荷神社」
・“お伊勢さま ”→「●●神明神社」「●皇大神宮」「●●天祖神社」など
・“熊野さま”→「●●熊野神社」
他にも同じ名前をもつ神社グループはたくさんあるが、特に数が多い、この4つの名前について歴史と由来を調べてみた。

 

武家に愛された“八幡さま”→「●●八幡宮」「●●八幡神社」

全国でいちばん数が多い神社のお名前、それは「八幡(はちまん)さま」。八幡神社、八幡宮と呼ばれ、数え方にもよるが日本に数万社あるともいわれる。
そこでまつられる主なご祭神は「八幡大神」、第15代応神天皇(ホンダワケノミコト)。ご在位は西暦300年前後という遠い昔で、文武に優れ、日本の国を飛躍的に発展させた方だそうだ。

没後250年以上後になって、九州のある地に子どもの姿で現れ「私はホンダワケノミコトで広幡八幡麿である」という趣旨のお告げをしたという伝説があり、そのことをきっかけに、八幡さまをまつる宇佐神宮(もとの名前は宇佐八幡宮)が初めて創建された。

宇佐神宮(ハッケン!ジャパン神社ページ)


この神様は託宣(お告げ)がお好きなようで、その後も託宣によって、奈良時代には初めて奈良に勧請されたり、平安時代の京都に石清水八幡宮が創建されたりもしている。
その後、日本で最も強力な武家となる「源氏」が氏神様としてまつるようになり、源氏の活躍とともに八幡神社は全国各地に広まっていった。たとえば源氏の頭領・源頼朝が鎌倉幕府の守護神と信奉した鶴岡八幡宮が、その代表的なものだ。

ご近所の「八幡さま」というと、なんだかホワっとしたイメージだが、このように歴史的には格式高い武家の神様だったのだ。

 

庶民に絶大な人気だった“お稲荷さま”→「●●稲荷神社」

神社の数でいうと八幡宮・八幡神社グループに次ぐのが「稲荷(いなり)神社」だ。

お稲荷さま」の呼び名で親しまれ、狛犬ではなく狐(きつね)の像に迎えられる、そんな神社に行ったことがある人も多いのではないだろうか。
稲荷神社の主なご祭神は五穀・食べ物を司る神様「ウカノタマノオオカミ」、「稲荷神」とも呼ばれている。狐は、そのお使い(神使)だ。

日本人の大多数が農業をしていた時代、五穀豊穣は庶民にとって幸せへの願いだったわけで、そのためにお稲荷さんは庶民に愛される神様になった。
八幡さまが源氏をはじめとする武士によって広まったのに対し、お稲荷さまは、主に農民や商家など庶民の手によって日本全国に広まっていく。

島根県津和野町の太鼓谷稲成神社。稲荷ではなく「稲成」と書くのはこちらだけ

その結果、神社だけでなく、富裕な商家の敷地に自分用の小さな祠(ほこら)を建てておまつりする人もいたという。今でも老舗の料亭や商家には残っていたりする。

日本の家には、台所や厠(かわや、トイレ)など、いろんなところに神様がまつられてきた。そんな身近な存在として、お稲荷さまは庶民から大事にされてきた神様なのだ。

 

総本社は、あの“お伊勢さま ”→「●●神明神社」「●●皇大神宮」「●●天祖神社」など

名前はいくつかに分かれるが、このグループの共通点とは、総本社が日本一有名な神社である伊勢神宮(内宮)。いずれも太陽の女神「天照大神(アマテラスオオミカミ)」をまつる神社で、「お伊勢さま」の呼び名で各地域に親しまれている。
名前に「神明(しんめい)」「皇大(こうたい)」「天祖(てんそ)」、そのどれも入っていなくても「〜大神宮」と名が付けば、伊勢信仰のグループ。たとえば「東京のお伊勢さま」として知られ、女性に人気の高い「東京大神宮」がその例だ。

「東京のお伊勢様」と呼ばれる東京大神宮

ちなみに伊勢神宮の正式名称は、地域名が入らず「神宮」、ただそれだけ。神社の間で「神宮」といえば、すなわち伊勢の神宮のことを指す。
ご祭神であるアマテラスオオミカミは天皇家の祖神=天祖で、この神様をまつることから伊勢神宮の人気は、平安時代には既に絶大だった。本社と勧請した神社との上下関係は一般にないといわれるが、伊勢の神宮は別格。すべての神社の「総本社」にお参りに行ってみたいと思うのは人の世の常。
今のように個人で直接参詣することは許されなかったが、参詣者に便宜を図る「御師(おんし)」のもと、グループツアーさながらに「お伊勢さま参り」が行われていたそう。江戸時代はそのピークで、年間に数百万人の参詣者がいた年もあるとか。

交通が便利になり人口も増えた近年は、それよりずっと多くの人が訪れている。コロナ禍で一変とはいえ、おうちのなかの神棚に、伊勢神宮のお札はいちばん多く入っているはず。どこの神社でも、自社の御祭神のお札とともに伊勢神宮のお札をいただくことができる。新しいものにしておこう。

 

シンボルマークは八咫烏→「●●熊野神社」

八咫烏(やたがらす)」と言葉で聞いてピンとこなくても、日本サッカー教会のシンボルマークとして見たことがある人は多いだろう。サッカー日本代表のユニフォームにもあしらわれている、この三本足の鳥は、日本神話にも登場する導きの神様で、全国各地にある熊野神社で見られる。

熊野信仰の総本社とは、ユネスコ世界文化遺産にも登録された、和歌山県の熊野三山。八咫烏は熊野三山の神々のお使い、神使(しんし)だ。
熊野三山のご祭神はケツミミコノオオカミ・クマノハヤタマオオカミ・クマノフスミノオオカミ、他ではあまり見られない名前の神様だが、それぞれに、スサノオノミコト・イザナギノミコト・イザナミノミコトの別名だといわれている。
こちらも広まったのは伊勢信仰と同じように「御師」(おんし)の力が大きく、平安時代後期から熊野参詣が大流行。熊野三山に続く道は「蟻の熊野詣」と言われるほどの大にぎわいだったそう。
その人気の秘密とは「熊野=浄土」と見なされたせいで、浄土というのは、全ての人を救う阿弥陀如来の住む極楽浄土のこと。「それって仏教の話じゃないの?」と思う人もいるかもしれないが、八百万の神が仲良く暮らす日本という国、そこの境界線もまた曖昧。仏教伝来後、こんな信仰が誕生した時代もあったのだ。

神様と仏様を一緒におまつりする「神仏習合」の名残りは、いまでも日本全国のさまざまな神社やお寺で見られる。そのすべてが熊野信仰というわけではない。

 

今回は、全国的にも特に数が多い神社のお名前4グループについて紹介した。

表向き上下関係も密接なつながりもない「総本社」と、そこから勧請によって誕生した各地の神社だが、実際には同じ系列で勉強会や親睦会など、神職の方々同士では交流もあり、いわば緩やかにつながっているんだそう。
出かけた先で、大好きな神社や近所にある神社と同じ名前を見つけたら、それはきっと緩やかなご縁がつながっている証拠。時間が許せばお参りしていくと、何かいいことがあるかもしれない。
 


 

原文/平井かおる(日本の神道文化研究会) 

イラスト/今井未知 www.michiimai.com
 


【おすすめ記事】

初詣は海が見える絶景の神社で開運祈願 人気の4社

狛犬じゃない!? 思いがけない「狛○○」がいる神社 4選

飛行機に乗る前お参りに行きたい航空安全お守りのある神社4選