神社やお寺にお参りする際に、何をお願いするかは人それぞれ。しかし、気になるご利益として挙げられる不動の一位は、きっと「縁結び」じゃないだろうか。

たとえば、素敵な誰かにめぐりあいたい。あるいは、推しのライブのチケットをゲットしたい。そんなときに、願う言葉は「どうか、ご縁がありますように」。人とのご縁、モノとのご縁、世の中は、たくさんの「縁」で成り立っている。

でも、ちょっと待って! ご縁って、そもそも何?
「縁」を「結ぶ」とは、一体どういうこと?  あらためて考えてみた。


 

「縁」を「結ぶ」とは、どういうことか

「縁」(えん)とは、もともとは仏教の教えだ、ということは意外に知られていない。
物事にはすべて「因」(いん、はじまりのこと)があり、そこに「縁」が働いて、何かの結果が生じる。これが「因縁」(いんねん)で、縁が起きることを、すなわち「縁起」(えんぎ)という。
二度とはないかもしれない、不思議でありがたい力。だから丁寧に感謝の気持ちをこめて、「ご縁」と昔の人は呼んだ。

縁といえば特に、人と人との出会いや、つながりを指すことが多い。たとえば、こういうことだ。
一人の男性と一人の女性が、たまたま出会ったことが「因」(はじまり)だとして、そこに「縁」の力が働かなければ、ふたりが一緒に生きていく「結婚」や「新しい家族の誕生」という未来にはつながらない。

このように「縁」を「結ぶ」ことから結果が生じて、それがまた新たなはじまりにつながっていく。

では、「結ぶ」とはどういうことだろうか。それは、もとは別々だったものが結びつくことだ。
ちなみに、「結」という日本語の語源はムス=「生す」だといわれている。「結び」が行われたところには、新しい力が生まれてくる。日本では古くからそう考えられ、神社では今でも、この「結び」という言葉がとても大切にされている。

男女の仲に限らず、人と人、人とモノの間も同じこと。出会った大切な「縁」に気付いたなら、それをしっかりと深め育てていくことで、相手との間に目には見えない強い「結び」が生まれてくる。これを「縁結び」という。

 

 

ことわざから考える、「縁」のいろいろ

■ 縁は異なもの 味なもの

→意味:「夫婦の縁って不思議、だからオモシロイ」

男女の結びつきは「異なもの」=不思議な巡り合わせに左右されるもので、その縁は「味なもの」=おもしろ味がある、という意味。
恋人や夫婦などの縁で結ばれた者同士は、その近しい関係から、楽しいことばかりではなく、ややこしいことや困難にぶつかる場合だってある。
ときにはケンカしたりしながらも二人で乗り越え、二人の「縁」を育むことで、その関係は実に味のある、趣深いものになっていく。
 

■ 袖すり合うも多生の縁

→意味:「人・場所・もの、すべての縁はつながっている」

耳なじみのあることわざのはずだが、「多少」じゃないの?と思っていた人もいるかもしれない。正しくは、「多生」となる。
「多生の縁」は、前世から因縁があるという意味で、「袖すり合う」とは些細なことの例え。だから、「たまたまそこに居合わせたというだけの出会いにも、じつは前世からの因縁がある」という意味のことわざだ。
たとえ現世では偶然のように思えたとしても、その縁の発端は、実は自分の記憶にはない前世からつながっている。そんな風に、昔の人は考えた。
 

■ 縁なき衆生は度し難し

→意味:「良い縁に気づけないとは、なんて残念!」

「縁なき衆生(しゅうじょう)」とは、縁があったとしてもそれに気づかない人のこと。「度し難し」は、救いようがないという意味だ。
仏教に基づくことわざで、「仏様にどれだけ慈悲の心があっても、仏様の教えに接するつもりのない人は救う方法がない」との意味が込められている。
現代風に意訳するとしたら、
「誰かが大切な助言をしてくれても、それを聞き入れないなら意味がない」というところだろうか。

縁は、人やモノに限らない。誰かが言った言葉、本で見かけた情報、目に入る風景や情景の中にもある。何かを気づかせてくれるものは、すべてが「縁」だ。
親と家族、友達、学びや仕事で出会う人。いま、電車の隣で座っているおじさん、店のレジでお釣りを渡してくれたおねえさんも、もしかしたら、前世からの縁でつながっているのかもしれない。

自分を取り巻くさまざまな「因」(はじまり)と、それに出会えた「縁」。もちろん偶然の積み重ねもあるが、自分から引き寄せる「縁」だってある。そんな風に考えてみると、自分を取り巻く世界がちょっと楽しく、いつもとは違う景色にも見えてきそうだ。

古来伝わってきた「縁」という概念を、日本人の感性が育てた「縁結び」。それは、私たちの生活や価値観のなかに今もどこかで息づいている。

 



原文/平井かおる(日本の神道文化研究会) 

イラスト/今井未知 www.michiimai.com
 


【おすすめ記事】

続・「縁結び」の不思議~縁結びで有名な日本の神様たち

意外と知らない?神社とお寺の違いをクイズで学ぶ(入門編)

いくつ知ってる?人生の節目を祝う伝統行事の意味・いわれ