夏休み、帰省や旅行を考えていたけれど・・・という人、東京駅に今から約80~90年前、昭和初期の東北の暮らしを見に行ってみるのはどうだろう? お出かけや通勤、旅の帰りに寄るのにも便利。
場所は、丸の内駅舎内の美術館「東京ステーションギャラリー」。9月25日まで開催中の「東北へのまなざし」展ペアご招待チケット(2枚)と、東北の都・仙台から届いた昔ながらの素朴な仙台駄菓子「ゆびわ」、両方をセットで5名様にプレゼント!
東北各県を故郷にもつ人にとっては懐かしく、行ったことのない都会っ子には外国みたいで珍しい、少し昔の東北の人々の暮らしぶりと生活の道具。その力強い美しさに触れてみてほしい。


芹沢銈介《日本民藝地図(現在之日本民藝)》部分/1941年/日本民藝館

「東北へのまなざし1930-1945」展示の見どころ

時間旅行の案内人になるのは、ドイツ生まれで世界的建築家として活躍したブルーノ・タウト、さらに工業デザイナー柳宗理のお父さんで「民藝運動の父」の柳宗悦、考古学ではなく「考現学」を始めた今和次郎ほか、今の時代と私たちの生活にもつながってくる、超一流の学者や芸術家たち。
いずれも当時の東北地方を旅して見たもの、体験して感じた内容が、貴重な記録資料と展示品の数々によって鮮やかに再現されている。


勝平得之《秋田風俗人形》昭和初期 秋田市立赤れんが郷土館


左:ブルーノ・タウト原型指導《椅子(規範原型 タイプC)》1933年 仙台市博物館

右:ブルーノ・タウト デザイン 作品左:《卵殻螺鈿丸形パウダーケース》
  作品右:《卵殻螺鈿角形シガレットケース》1934年 群馬県立歴史博物館


日本と世界が疫病と不況に苦しみ、戦争の足音が近づきつつあった昭和初期(戦前)という時代。雪に閉ざされ文明開化に取り残された後進地とされながらも、自然と歴史を大切に守り、粘り強く大地に根差す暮らしを続けていた、そんな東北との出会いは、彼らの生き方に大きな影響を与えた。

戦後の荒廃からの復興、そして試練のように度重なる天災を経て、今の東北はどうなっているだろう?
都会と地方の格差、経済的発展と心の豊かさ。問題は解決されていない。それでも、当時の暮らしを彩った手仕事の数々には、未来を良くするヒントがきっとある。だから今も、私たちは東北に心惹かれるのかもしれない。


左:芹沢銈介『手仕事の日本』挿絵原画より《けら(陸奥)》1945年、日本民藝館

右:《刺子足袋(宮城県)》1940年頃、日本民藝館


《こけし(木地山系)》1925-41年頃、原郷のこけし群 西田記念館

 

展示会場は、丸の内駅舎内「東京ステーションギャラリー」

東京ステーションギャラリーは1988年、東京駅の歴史を体現するレンガ壁の美術館として誕生。丸の内駅舎の復原工事に伴い休館、2012年に美しくよみがえった駅舎内で新たなスタートを切った。重要文化財でもある東京駅舎の歴史的空間とともに、さまざまな美術・文化を楽しむことができる。

●東京ステーションギャラリー

東京都千代田区丸の内1丁目9−1 電話: 03-3212-2485
交通/JR東京駅 丸の内北口 改札前
東京メトロ 丸の内線「東京」、東西線「大手町」、千代田線「二重橋」 いずれもM12出口から地上へ。丸の内北口ドーム内へ入ると左手に入口が見える

<展示情報>
東北へのまなざし1930-1945

期間/2022年7月23日(土) - 9月25日(日)
休館/月曜日(8/15、9/19は開館)
時間/10:00 - 18:00(入館は閉館30分前まで、金曜日は20:00まで開館)
入館料/一般 1,400円 高校・大学生 1,200円 中学生以下無料
 チケット購入はこちら

 *展示室内の混雑を避けるため日時指定制を導入し、各時間で入館人数の上限を設定しています    
 *館内で当日券を購入できますが、土日祝など混雑する時間帯は入館をお断りする場合があります
 *招待券/招待ハガキをお持ちの方は直接美術館へお越しください(予約等不要)
主催/東京ステーションギャラリー[公益財団法人東日本鉄道文化財団]、日本経済新聞社
特別協力 日本民藝館

プレゼントの応募方法

以下の応募要項にしたがって、「ハッケン!ジャパン」の問い合わせフォームよりご応募ください。
1.「お名前」「メールアドレス」の欄にご記入ください。

2.「ご用件名」は「プレゼント応募」を選択してください。

3.「お問い合わせ内容」に「東北へのまなざし展チケット希望」とご記入いただき、ご住所(都道府県)とご年齢(年代)をご回答ください。

応募締切 2022年8月15日(月)0時

当選人数 ペアご招待チケット(1400円×2枚)+仙台駄菓子「ゆびわ」1袋(432円)を5名様に

※本プレゼント企画の運営は「ハッケン!ジャパン」で、応募先は以下になります。
https://hakken-japan.com/contact/
ご送付に際し、必要事項の記入とお間違えのないようにご注意ください。

※応募多数の場合は抽選によって決定。当選者の方のみ、賞品発送のお知らせをさせていただきます。
※ご応募いただきましたお客様の個人情報は、本懸賞の抽選および賞品の発送に利用し、それ以外の目的では使用いたしません。当社プライバシーポリシーに基づき適正に取り扱います。

 

みちのくの心が息づく「仙台駄菓子」もプレゼント!

昭和初期の東北旅を追体験する展示企画に合わせて、東北の都・仙台の昔なつかしい仙台駄菓子のお土産をセットでご用意。300年以上の歴史をもつ 元祖 仙臺駄菓子本舗 熊谷屋の「ゆびわ」は、はったい粉と餅粉、黒砂糖を練って細く切り、指輪の形に整えたもの。素朴でかわいい形と懐かしい自然の甘味で愛され続ける、伝統のお菓子。提供は、東北の縁起物・お祝い品を贈るオンライン・ギフトショップ「iwai-red」

https://iwai-red.com/
 


【おすすめ記事】

山形の紅皿~花嫁と母をつなぐ思い出の品と受け継がれる紅の物語

おうちで旅気分。岩手の“んめぇ” “めんけぇ”を知ってほしい!

いままでの「ハッケン!ジャパン」プレゼント告知記事の一覧