お墓の前で宴会をする、沖縄の「清明祭」

沖縄は「先祖崇拝」が深く浸透した地域で、年に1度の「清明祭(シーミー)」というお墓参りをとても大切にしています。旧暦の2~3月(新暦では4月頃)に行われる行事で、琉球王朝時代に中国から伝わった風習です。

シーミーは本土で一般的にイメージされるお墓参りとはかなり異なっていて、親戚一同がお墓に集まって掃除をし、料理やお酒を持ち寄って半日ほど宴会をするのが特徴。ご先祖様に見守られながら親戚・家族がコミュニケーションをとる、沖縄の人にとっては非常に大切な行事なのです。

沖縄の伝統的なお墓は本土とは異なるかたちをしており、大きく分けて「亀甲墓」と「破風墓」の2種類があります。いずれもお墓前のスペースが広く、ここで宴会が行われます。

屋根部分が亀の甲羅のような形をしている「亀甲墓」。墓前に庭のようなスペースがあり、ビニールシート等を敷いて宴会を楽しむ。大人が20人以上座れるほど広いお墓も

毎年大々的に行われているシーミーですが、2020年は例年同様に行うことは難しい状況です。
シーミーは、家族・親戚が集まって近距離で会話や食事をする行事。新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、3月27日に玉城デニー知事は「できるだけお互いの距離をあけてウートートー(お祈り)をするように」と提言しました。
また、シーミーで欠かせないのが重箱料理。各自が好きな料理を取って食べるビュッフェスタイルですが、万が一の場合は集団感染に繋がる危険があります。そのため、今年は“自分の箸で料理を皿に取り分けた状態で”食べるように提言されています。
2020年のシーミーは、伝統行事を大切にしながらも、変化を受け入れる柔軟性が求められることになります。

もとは琉球王朝のお墓とされていた「破風墓」。家のようなかたちをしている。この破風墓には左右の石垣をまたぐ鉄骨があり、シートをかけることで簡易テントになる

沖縄の「お墓」が抱える問題を知る

実は、沖縄の「お墓」そのものも変化の時を迎えていました。現在、沖縄には2000を超える無縁墓があるといわれ、管理者のいないお墓は荒れ、中にご先祖様を残したまま放置されてしまうことも。今後そのようなお墓がどんどん増えていくことが懸念されているのだそうです。

今回は、墓じまいや改葬(お骨を霊園や納骨堂に移すこと)を進める株式会社琉球メモリアルパークの馬場雅夫さんに取材。最近の沖縄のお墓事情について教えていただきました。

管理者がいなくなり、無縁になってしまったお墓。お骨が入っているため、そしてまとまった費用が必要になるため、なかなか手を入れることができない

沖縄ではお墓を受け継ぐのは長男という風習があり、次男以降は自分でお墓を建てなくてはいけません。かつては家よりもお墓を持つことの方が大事と考えられており、借金をしてでもお墓を建てるという文化がありました。そのため長い間、沖縄のお墓は増え続けるばかりだったのです。

馬場さんによると、沖縄のお墓はかつて「宗教観」と「土着性」から来る「永続性」で成り立っていました。
まず、先祖をうやまう宗教観はお墓の管理には必須です。
そして、かつては一生涯沖縄から出ないという人も多くいました。しかし現在は沖縄から出ていく人も多く、かつてのような管理はできません。
「あと30年もすれば、沖縄のお墓の多くは廃墟になってしまうかもしれない」と馬場さんは言います。

時代にあわせて変わるお墓の管理

そんなわけで現在は個人でお墓を建てることは禁止され、管理者のいる公営・民営の霊園への改葬が少しずつ進められているそうです。
長い間受け継がれてきたお墓のあり方を自分の代で変える決断は、簡単なものではありません。しかし継承者がいなければ、近い将来無縁墓となってしまうことは確か。
少しずつ理解が広まってきているとはいえ、反対する方ももちろんいます。一族を集め、その必要性を馬場さんが説明することもあるのだとか。

墓じまいした個人墓。中にあったお骨は改葬されている

霊園に造られるお墓のかたちはいろいろ。「破風墓」など伝統的なものもあれば、庭部分を持たない小規模なものも。その場合は墓前でお線香を焚いたあと、少し離れたスペースで宴会を行う

位牌供養塔。沖縄では位牌(トートーメー)はご先祖そのものとして神格化され、代々継承される大事なもの。管理には厳しい規制があり、継承が難しくなることも多い。

お墓管理のしかたと「先祖崇拝」の信仰は、時代にあわせて少しずつ変わってきていることが分かりました。
この変化は、沖縄固有の文化が消えてしまうということではなく、次の世代に残していくためのもの、と言えるでしょう。

中城メモリアルパークから臨む中城湾。季節によっては、コバルトブルーに輝く美しい海を見ることができる。この景色を気に入る方も多い

消費するだけでなく、地域を深く知る旅へ

特有の信仰や行事が今も残る沖縄。今回ご紹介したようなお墓は、沖縄のいたるところで見ることができます。
観光の中心地・国際通り周辺にも建てられているので、旅の途中に見たことのある方も多いのではないでしょうか。琉球王朝の王族が眠る「玉陵(たまうどぅん)」は観光名所にもなっています。
沖縄のお墓は今、長い歴史の転換点にあります。沖縄旅でお墓を見かけることがあったら、その裏側にある事情にも思いをめぐらせてみると、沖縄に息づく文化を感じられると思います。

「移動」や「人との接触」が感染理由になるウイルスの出現により、今はこれまでのように気軽に旅に出られなくなりました。
こうなってみてあらためて、違う地域の生活や文化、習慣を疑似体験できる旅を、あらためて恋しく感じます。

次に旅に出られるときは、今回ご紹介したような“地域の事情”に思いを馳せてみるのもまた良いのではないでしょうか。
地域を深く知る旅は、うわべだけ楽しむ旅とは一線を画す、より思い出深いものにできるはずです。


取材協力 琉球メモリアルパーク https://www.ryuukyuu.co.jp/


【おすすめ記事】

祈りと信仰が根付く南の島、沖縄の神社~波上宮で知ったこと~

ナシ婚でもこれはアリ「IWAI旅」竹富島で2泊3日、家族の時間