七五三撮影・写真協力:Dreamin' Dreamer 

秋の神社といえば、晴れ着を着た小さな子どもの手を引いて七五三のお祝いをする家族の姿を多く見かける。
コロナ禍の2020年でも、おそらく日本全国どこでも、それは変わらない光景。混雑を避けるためか例年より早く、8月のうちからスタジオでの前撮りや神社にお参りの予約をしたという家庭も今年は多いようだ。

では、なぜ人生の節目を迎えるお祝いが三歳・五歳・七歳に行われてきたのだろう?
今年はお参りに行くのは止めておいた方がいいのか? せめて記念の写真だけ残す??
それでは本来の意味からは違うのだと、東京・阿佐ヶ谷の馬橋稲荷神社で禰宜(ねぎ)をされている本橋宣彦さんは語る。神社での結婚式をより良いものにするための「神社挙式研究会」代表というお立場でもある。
略して「七五三」、正しくは七五三詣りの本来の意味とありかたについてお話を伺った。

三歳・五歳・七歳、それぞれに意味がある

ずっと昔に比べると、神社に七五三のご参拝にいらっしゃる方はずいぶん減りましたね。今は「きれいな着物を着て写真を撮ること」だと思っている方も、かなりいらっしゃるんじゃないでしょうか。

本来、七五三のお祝いというのは「儀式」です。昔の日本は食糧事情も悪く、生まれた幼子がちゃんと成長することは簡単なことではなかった。三歳・五歳・七歳、それぞれの年齢まで無事に成長できたことを神様に感謝し、年齢に見合った魂になるための儀式。これが「七五三」なんですね。

「三つ子の魂百まで」という言葉をご存じでしょうか。三歳までに躾けられたことは百歳まで影響するという意味で、人の心の核となるものを培う大事な年頃という意味です。
まだ小さいとはいえ、きちんと躾けられた子は、短時間の儀式にちゃんと座っていられるだけの心ができあがっています。
今は女の子しか三歳のお祝いをしないことが多いですね。それにはどうやら、男の子には着せる着物がまだないという理由があるようですが、本来「三つ子の魂」に男女の違いはありません。
専用の着物でなくとも、よそ行きのきちんとした服装で、男女ともに三歳の儀式をしたいものです。

五歳は、男の子のためのお祝い。男女区別のない着流しの着物から、ちゃんと男子の格好である袴を着けて行います。江戸時代の武家の習いで、単に「子ども」だった者が「男」としての教育を始める儀式でした。

これに対して、きものを着て帯を締める、女の子だけのお祝いが七歳。女性としての心と嗜(たしな)みを身に付け始めることが求められます。五歳と七歳、どちらも意味は「その年齢にふさわしい魂の切り替え時・魂づくり」の儀式であることがわかります。
ちなみに昔は、「七歳で氏子入り」ともいわれました。「氏子」とは、地域を守る神様である氏神様の子。つまり、七歳になると、地域社会を構成する一員とされたわけです。

こうした人生の節目の「魂づくり」は、子ども自身が行えるわけではありません。親と大人たちが導きながら儀式を行うことで、子どもに「その時、その時で必要な魂の成長」を伝え、体感させていくのです。
そのためにはまず大人が、人の核を作ることの大切さ、儀式や参拝の意味を正しく知っていないといけません。
七五三詣りに晴れ着を着るのは、本来は神様を喜ばせるため。本人や家族が楽しむというよりも、神前に連れて行くにふさわしい形として晴れ着があるのです。

参拝の経験で子どもに伝えられること

神社で七五三の参拝をすることで、子どもたちに伝えられることはたくさんあります。
現在の日常生活には「きちんとする」「畏(かしこ)まる」ということがなくなっています。目にはみえないけれど、そこにいらっしゃる神様に対して畏まり心を向けて手を合わせる経験や、体感することは、人としての核づくりにはとても大事なことです。

「見えないもの・もの言わぬもの」に対する感性は、日本人がいにしえより持ってきたものでした。
話が少し逸れますが、現代社会の問題点の多くは、こうした感性が失われてきたことが大きな原因ではないのかと私は思います。だからこそ、子どもたちにはこの感性を持っていて欲しいと願います。

神社では「二拝二拍手一拝」という参拝作法があります。「拝(はい)」はお辞儀、「拍手(はくしゅ)」はその名の通り、手を合わせて打つこと。「柏手(かしわで)」とも言います。この作法を、家族ピッタリそろって行うことにもまた意義があります。
親が発する気配を子どもが感じ取り、息を合わせて拝をし、軽やかな響きで柏手を合わせて打つ。柏手は魂と魂をつなぐ法です。神様と人、そこに集う人と人。目に見えない気を通して「家族がひとつになる」という体験は、子どもの成長のための大きな財産なります。


さて、今年の七五三詣りをどうしたらいいのか、という話に戻ります。

暦の上では七五三は11月15日ということになりますが、平日や時期を選ぶなど、集中を避ける工夫も、今年は特に意識する必要があるでしょう。
心配しながら遠出して大きな有名神社まで行くより、近くにある地元の氏神様で家族だけのお参り、というのもよいのではないですか。

馬橋稲荷神社は決して大きな神社ではありませんが、電話やメールで予約をいただいて、お参りは1組ずつ丁寧に行っています。そのような考え方の神社は、多くの地域で必ずあるはずです。
感染防止の対策は、どちらの神社でもきちんとされていると思います。神職は、参拝の方々と対面でお話するときにはマスクを着用し、拝殿では通気性をいつも以上に意識しながらご祈祷をしています。

ちなみに、私は祝詞をあげる時にはマスクをしません。祝詞は、人ではなく、目には見えないけれどそこにいらっしゃる神様に向かってお伝えをする、そのための言葉ですから。


※記事は2019年秋のインタビューに2020年、編集部が追加取材により再構成したもの。
 


お話を伺った人:本橋宣彦さん
神前結婚式の普及と活性化を目指す神職と企業関係者による「神社挙式研究会」代表。馬橋稲荷神社(東京・阿佐ヶ谷)禰宜

 


【おすすめ記事】

いくつ知ってる?人生の節目を祝う伝統行事の意味・いわれ

結婚式と七五三~一生の思い出になる記念日の着物について

神職さんに教わる「神社で結婚式を挙げることの意味」とは?