「夏詣」(なつもうで)とは、いま全国的に広がりつつある、日本の夏の新しい風習。1月1日から始まるお正月の初詣と同じように1年のちょうど折り返し点となる節目の7月1日から神社仏閣にお参りに行くことを指す。
その旗振り役となったのが、東京下町に初夏の訪れを告げる「三社祭」で知られる、浅草神社
コロナ禍の令和3年も、6月30日の前夜祭(夏越の祓)につづき、7月1日~7日までの1週間に渡って開催される。
去年にひきつづき今年も感染対策に気をつけながら規模を縮小しての実施となるが、この状況下だからこその新しい試みも始まっているという。

浅草神社の夏詣(イメージ)

神社やお寺に足を運ぶのは毎年お正月の初詣のときくらい、という人も少なくないはず。じつは夏の時期にも、古くから受け継がれてきた季節のお祭りがある。
各神社で毎年6月30日に行われるのが「夏越の祓」(なごしのはらえ)。大祓(おおはらい)は年に2回あり、12月31日大晦日に行われるのは「年越の祓」(としこしのはらえ)。夏越の祓は、1年の半分が過ぎ、その間に知らず知らずに身についた罪や穢れ、災厄を落とし、清らかな状態で残りの半年を過ごすために行われてきた神事だ。
茅の輪くぐり」をすることでも知られている。

茅の輪くぐり神事(浅草神社)

年越の祓があって、初詣が始まる、それと同じように「夏越の祓」の翌日、7月1日から神社仏閣に足を運んで日本の文化や風習に触れられる、それが「夏詣」。東京都台東区にある浅草神社からはじまり、夏詣という名前で本格的にスタートしたのは平成26年(2014年)のことになる。

「私たち日本人が大切にしてきた文化を受け継ぎ、後世に伝えていく。その橋渡しを担っていくこともまた神社の役割だと考えています。浅草神社であれば、初詣と、例年は5月開催の三社祭、もう一回夏にも神社に足を運んで、夏ならではの日本の風習に触れてもらいたい。そこで始めたのが夏詣です」
そう教えてくれたのは、浅草神社宮司で「夏詣」実行委員でもある土師幸士さん。

コロナ禍の令和2年にもそれぞれ可能な形での夏詣は続けられ、開始から8年目の令和3年には、全国274もの社寺が参画(6月24日時点)。
参画神社では夏詣提灯と幟(のぼり)を掲げ、各地で様々な夏詣が行われる。今年の夏も、早いところでは6月のうちから一部の神社では始まっており、8月31日まで開催が予定されている。
(社寺によって実施内容と時期は異なる。詳細は公式サイトで確認を)

ライトアップされて幻想的な夜の「竹参道」(浅草神社)

一般に7月7日の風習といえば「七夕」(たなばた)が有名だが、浅草神社では「井戸洗い神事」を行っている。

「江戸時代、井戸は町の人々の生活を支えるとても大切な水源だったんです。すべての長屋には井戸があり、7月になると町の人々は感謝をこめてみんなで掃除をしました。ここ浅草神社にも、当時から残る井戸があります。そこで江戸時代にならって、井戸洗いの神事を執り行っています。夏詣の期間中、井戸へと続く参道は“水参道”として地元の皆さんが藍染めした幟(のぼり)が連なり、とても風流な雰囲気になります」(土師さん)

浅草神社境内での「水参道」。今年は規模縮小のため、「竹参道」とともに冨士講モチーフの幟が飾られる。

7月7日は「そうめんの日」でもあるため、浅草神社では、井戸洗いできれいになった井戸の水を使って、そうめん発祥の地として知られる奈良県の三輪そうめんによる「流しそうめん」が参拝者にふるまれたこともある。ほかにも、平安時代から伝わる調理の儀式「式包丁」の奉納も行われてきた。
こうした、普段はなかなか見ることのできない日本の伝統文化についての体験企画を、浅草神社では夏詣以外にもさまざまなかたちで用意されている。

「元来、神社は祈りの場であると同時に、人々が集まるコミュニケーションスポットでもありました。浅草神社の夏詣では神事だけではなく、さまざまな行事・イベントを行いながら、地域の交流の場として活用してもらっています」(土師さん)

お話を伺い、去年までの写真をあらためて見てみると、浅草神社の夏詣は日本の文化を楽しみながら学べるコンテンツが多彩であることがよくわかる。
夏ならではの涼やかな色と風情が楽しめる「水参道」、夜にはライトアップされて、ほんのりとした灯りが幻想的な「竹参道」。ひとつずつ想いを込めた光る石が輝く「天の川」も境内に作られる。また、令和元年より風鈴の音色で風を感じる「風参道」も加わり、毎年新たな風景で参拝者を迎える。
ロマンティックな夏の夕暮れを恋人や家族と楽しむもよし。ひとりで静かにお詣りに行き、雰囲気を堪能するのもおすすめだ。

日本の夏祭りと地域の賑わいをつなぐ
「夏詣盆をどり」を制作、発表

浅草神社の夏詣では、下町らしく地域や地元が参加するコラボレーション企画もさまざまある。
たくさんのお祭りやイベントが中止となってしまったコロナ禍も2年め。令和3年には、新しい試みとして「夏詣盆をどり」をつくって踊りで元気を届けよう!ということで、昨年秋より作詞&作曲と踊りの振り付けを創作するなど、有志による準備が進んできた。
7月3日(土)4日(日)には、完成披露の盆踊りが浅草神社境内で実施される予定で、この「夏詣盆をどり」を全国にも届けることをめざし、DVD制作のためのクラウドファンディングにも挑戦中とのこと。

今年の新たな取組みとして、四国の小豆島より参画の7つの神社(富丘八幡神社・土庄八幡神社・伊喜末八幡神社・離宮八幡神社・内海八幡神社・池田 亀山八幡宮・福田 葺田八幡神社)が夏詣御朱印などで連携。
さらに、この地域に住む小豆島町地域おこし協力隊と小豆島町青年団の有志も名乗りをあげた。「夏詣盆をどり」ご当地バージョンの歌詞も制作し、練習に励んでいるのだそう。

いかにも小豆島らしい写真は、映画「二十四の瞳」のロケセットを改築した「二十四の瞳映画村」にて撮影されたもの。瀬戸内海を見渡せる海岸沿いに木造校舎や村が再現され、昭和初期のノスタルジックな雰囲気が観光客にも人気のロケーションだ。

小豆島町青年団の団員たちによる練習風景。日中は通常の仕事をしているため、仕事帰りに夏詣盆をどりの練習に励んでいる。

全国の参画社寺と一緒に“踊りながら楽しめる夏詣“を目指して浅草神社から新たに呼びかける「夏詣盆をどり」が、日本の夏祭りと各地域の飲食店にも元気を届け、来年以降の地域の賑わい再生に繋がることを願うばかりだ。


新しい日本の風習として毎年楽しみな夏詣。今年もまた、夏の始まりには近くの神社仏閣に足を運んでみてはどうだろう。


取材協力/日本の新しい習慣「夏詣」実行委員会
・夏詣公式サイト https://natsumoude.com
・浅草神社 夏詣公式サイト https://natsumoude.jp/

【 Information】
クラウドファンディングで「夏詣盆をどり」を応援

https://motion-gallery.net/projects/bonwodori-natsumoude

 


【おすすめ記事】

にほんの四季を祝う行事(夏)~端午の節句・七夕・夏祭り

<イラスト図解>自分ひとりで浴衣を着てみる

<イラスト図解>神社の参拝方法~気持ちよくお参りをするために