「夏詣」(なつもうで)という言葉を耳にしたことがあるだろうか?いま全国的に拡大、定着しつつある、日本の夏の新しい風習。
1月1日から始まるお正月の初詣と同じように、1年のちょうど折り返し点となる節目の7月1日から神社仏閣にお参りに行くことを指す。
その旗振り役となったのは、東京下町に初夏の訪れを告げる「三社祭」で知られる浅草神社
6月30日の前夜祭につづき7月1日~7日までの1週間に渡って開催される夏詣の歴史的背景と成り立ち、内容・見どころについてお話を伺った。

※インタビューと画像は2019年。2020年の実施内容は「夏詣」公式サイトでご確認ください(編集部)

浅草神社の夏詣(イメージ)

神社やお寺に足を運ぶのは毎年お正月の初詣のときくらい、という人も少なくないはず。じつは夏の時期にも、古くから受け継がれてきた季節のお祭りがある。
各神社で毎年6月30日に行われるのが「夏越の祓」(なごしのはらえ)。大祓(おおはらい)は年に2回あり、12月31日大晦日に行われるのは「年越の祓」(としこしのはらえ)。「夏越の祓」は、1年の半分が過ぎ、その間に知らず知らずに身についた罪や穢れ、災厄を落とし、清らかな状態で残りの半年を過ごすために行われてきた神事だ。
「茅の輪くぐり」をすることでも知られている。

茅の輪くぐり神事(浅草神社)

年越の祓があって初詣が始まる、それと同じように「夏越の祓」の翌日、7月1日から神社仏閣に足を運んで日本の文化や風習に触れられる、それが「夏詣」。東京都台東区にある浅草神社からはじまり、「夏詣」という名前で本格的にスタートしたのは平成26年(2014年)のこと。

「私たち日本人が大切にしてきた文化を受け継ぎ、後世に伝えていく。その橋渡しを担っていくこともまた神社の役割だと考えています。浅草神社であれば、初詣と、寧年は5月の三社祭、もう一回夏にも。神社に足を運んで夏ならではの日本の風習に触れてもらいたい。そこで始めたのが夏詣です」
そう教えてくれたのは、浅草神社の宮司で「夏詣」実行委員でもある土師幸士さん。

はじめて6年めの2019年は全国のおよそ150もの社寺が参画、それぞれに夏詣を行った。

夜の竹参道(浅草神社)

一般に夏の風習といえば七夕(たなばた)が有名だが、7月7日、浅草神社では「井戸洗い神事」を行っている。

「江戸時代、井戸は町の人々の生活を支えるとても大切な水源だったんです。すべての長屋には井戸があり、7月になると町の人々は感謝をこめてみんなで掃除をしました。ここ浅草神社にも、当時から残る井戸があります。そこで江戸時代にならって、井戸洗いの神事を執り行っています。夏詣の期間中、井戸へと続く参道は“水参道”といって地元の皆さんが藍染めした幟が連なり、それは風流な雰囲気になります」(土師さん)

昼の浅草神社境内での「水参道」

7月7日は「そうめんの日」でもあるため、浅草神社では、井戸洗いできれいになった井戸の水を使って、そうめん発祥の地として知られる奈良県の三輪そうめんによる「流しそうめん」が参拝者にふるまれたこともある。
ほかにも、平安時代から伝わる調理の儀式「式包丁」の奉納も行われている。普段見ることのできない日本の伝統文化についての体験企画を。浅草神社では夏詣以外にもさまざまなかたちで用意してきた。

「元来、神社は祈りの場であると同時に、人々が集まるコミュニケーションスポットでもありました。浅草神社の夏詣では神事だけではなく、さまざまな行事・イベントを行いながら、地域の交流の場として活用してもらっています」(土師さん)

お話を伺い、去年までの写真をあらためて見てみると、浅草神社の夏詣は日本の文化に触れながら学んで楽しめるコンテンツがずっと多彩であることがわかる。
昼間の涼やかな色と風情を楽しむ「水参道」。夜にはライトアップされ、ほんのりとした灯りが幻想的な「竹参道」。そして、ひとつずつ想いを込めた光る石が輝く「天の川」も境内に作られる。ロマンティックな夏の夜を恋人や家族と楽しむもよし。ひとりでゆっくりと雰囲気を堪能するもよし。
2019年はあらたに、風鈴が涼やかな音色を奏でる「風参道」も境内に登場した。

夏詣発祥の浅草神社では、下町らしい地域や地元が参加したコラボレーション企画もあり、いかにも賑やかだ。

浅草神社では7月7日の七夕まで続く夏詣。浴衣に着替えて、いくつかの社寺を巡りながら夏のはじまりを味わうのも素敵。取り組みは浅草神社をはじめとした近隣の神社内と、そこだけにとどまらず、近年さらなる広がりを見せ始めているのも新たな特徴だ。
「浅草神社だけでなく参画神社ごとに御朱印や特別限定記念品なども用意されているので、社寺めぐりをたっぷり楽しんでいただけると思います」(土師さん)

新しい日本の風習として楽しみな夏詣。今年も夏の始まりは、近くの神社仏閣に足を運んでみてはどうだろう。

取材協力/日本の新しい習慣「夏詣」実行委員会

夏詣公式サイト
https://natsumoude.jp/

 


【おすすめ記事】

にほんの四季を祝う行事(夏)~端午の節句・七夕・夏祭り

<イラスト図解>神社の参拝方法~気持ちよくお参りをするために

神社の境内にあるもの~それぞれの名前と意味を知ろう