大人の一歩を踏み出す門出の日、成人式を彩る定番スタイルといえば華やかな振袖姿だが、最近ひとつの変化が起きているという。
従来の「購入」「レンタル」に加えて、お母さんの振袖を譲り受けて着る“ママ振”派が急増中。

なぜ今、ママ振なのか。メディア等での撮影実績も豊富な一流の着付け師、アントワープ杉山幸恵さんにお話を伺った。

友だちと色柄がかぶるなら、むしろママ振で個性を表現

 二十歳を祝う振袖は、まぶしい若さや美しさを誇る当人はもちろん、見る方の心も躍るもの。とはいえ、残念ながら着物離れが進む現代、「自分では着られないし」「購入しても管理が難しい」などの理由で、新たに購入するよりもレンタルが主流。そんななか、最近よく聞くのが、ママ振という耳慣れない言葉だ。

「最近、お着付けをご依頼いただける振袖は、ほとんどがお母さまのお下がり、いわゆるママ振ですね。ここまでママ振が選ばれるようになった背景に、“ハレノヒ騒動”を機に募った業界への警戒感は当然ながらあるでしょう。それともうひとつ、ママ振を自分の個性を表現する手段にもできるという面も」

「着物は自前ではなくお母さまのでも、帯締めや帯揚げ、重ね襟を変えるだけで雰囲気はガラリと変えられる。ヘアメイクやバッグ、草履を変えて、今風におしゃれな感じにだってできる。そうした着物本来の良さからママ振を選ぶお嬢さまたちは、自分らしいアレンジを楽しまれていると思います」(杉山さん)

 

バブル期に作られた着物の贅沢さ・質のよさもカギ

 アレンジ次第で今っぽくできるとはいえ、母親が20歳のときに着たということは約30年くらい前のデザイン。古い着物に抵抗感はないのだろうか。

「じつはそこもポイントです。お母さまたちが成人式の頃の日本は、ちょうどバブルの時代。総絞りや加賀友禅、辻が花など、今はなかなか出回らない高級な振袖を誂えた方も多く、そうした最高級の着物を新たに誂えられるご家庭は、今はごく少数。レンタルでもなかなか出回らないお宝です。質のいい振袖が自宅にあるなら、それを着るのもあり。そうした合理的判断もママ振人気の背景にあるのでは」(杉山さん)

質のよいママ振は、着る側も、着付ける側も良さを実感できるのも魅力だそう。

「絹の目が詰まって確かな重みがあり、肌の上に乗せればしっとりとなじむ。それが質のいい正絹の生地です。同じ絹を使っていても、目が浅くペラペラとした感じの着物も結構ありますね。胴裏がポリエステルのものは滑りやすく、着崩れの原因にもなります。それを防ぐためには、腰ひもなどキツめに締めるしかなく、どうしても着心地の悪さにつながってしまう。せっかくの晴れの日を気持ちよく過ごしていただくためにも、上質なママ振があるのなら選ぶ価値は十分にあると思います」(杉山さん)

着物を生かすも殺すも着付ける人次第

 聞いてみるといいことだらけのように思えるママ振にも、落とし穴はある。

「着る直前にたんすから引っ張り出し、いざ広げてみるとシミや汚れだらけ。お母様と着るお嬢さまで寸法が合わず大慌て、なんてこともよくあります。安心して気持ちよく着ていただくために、半年前には一度広げてチェックを。必要に応じて洗いやお直しに出せば安心ですね」(杉山さん)

 さらに、信頼のおける着付け師に依頼するというのも重要なこと。

その着物や帯の良さをいかに引き出すか。着付け師の技量は、そうしたところでも測れるものです。着物を見る目と確かな技術を持つ着付け師は、たとえば唐織りの豪華な帯なら、ひだを沢山作るような派手な帯結びには決してしません。できるだけシンプルに、織りのよさを引き立てる帯結びを選ぶのでは」

「黙って着付けるだけでなく、着物や帯の織り方や染めの種類、描かれている文様の名前や特徴を教えてくれる人も多いはずです。そうした知識と経験を持つ人の手で着付けてもらうと、受け継がれた着物のありがたさを知ることができます。着付ける人によって、着物はまったく違うものにもなる。そのことを忘れないで」(杉山さん)

親の愛情を実感できる、特別な一枚を着る体験

二十歳のお祝いに両親に誂えてもらった振袖を娘がまとう。それが「家にあるのだから」という何気ない動機だったとしても、実際の着姿を家族が見た瞬間、想像以上に感動的なシーンを杉山さんは何度も見てきた。

「お嬢さまの振袖姿を見て、涙ぐまれるお母さまはとても多いです。我が子の成長に対する喜びはもちろんのこと、自分が親になってはじめて両親が注いでくれた愛情を実感するという面もあるのではないでしょうか」(杉山さん)

二十歳に振袖を贈る、いわば子を思う親の愛情の証し。それが思い出深い特別な一着だとしたら、伝わらないはずはない。
また、新たに誂えてもらった振袖を大切に着て、次の世代に受け継ぐこともできる。昔より少なくなったとはいえ、いまも最高の贅沢で同時にエコな選択でもある。

振袖でなくても、たんすの中で眠っているお母さんやお祖母さんの着物があれば、一度広げてみてはどうだろう。時代を超えて受け継がれてきた、着物という文化。その重みは日本の歴史や伝統を受け継ぐ重さでもあり、親と子の結びつきを感じさせてくれる貴重な経験になるにちがいない。

 


(お話を伺った人) 杉山 幸恵

2007年に 「晴れの日の上質」をコンセプトに株式会社アントワープ ブライダルを設立。着付け師歴30年のキャリアを持ち、年間1000件以上の一般着付け・婚礼着付け、ヘアメイク、プロデュースなどを手がける。著書に 『着付け師という仕事』 (幻冬舎)

アントワープ(着付け・撮影) https://www.antwerp-dressing.net/

着付け師 杉山幸恵 公式ブログ https://kitsukeshi.co.jp/


【おすすめ記事】

ハッケン!ジャパンのフリペ最新号は振袖特集、内容と配布場所こちらより

日本の聖地、伊勢神宮 結婚奉告参拝と花嫁の振袖

神楽坂発、憧れの十二単をもっと身近にする体験プランと挙式プラン