写真/中島光行

はじめまして。
写真家の中島光行です。

京都に生まれ、京都に育ち、京都を拠点に活動しています。観光地だけではない京都の魅力を伝えるプロジェクト「三度目の京都」では、味わい尽くすことのできない千年の歴史を紡ぐ古都だからこそ、三度目から少しずつ深く知り、もっと好きになってほしいという想いで、カメラを通した京都の魅力を発信しています。ここでは、その視点を通してお寺の魅力を紹介していきます。

新春早々の第1回目は、圓光寺の雪景。

古くから紅葉の穴場として知られていましたが、平成に入ってから庭園を開放されたことで、近年では「紅葉の圓光寺」として多くの拝観者が訪れる禅寺です。紅葉が見事ということは、新緑ももちろん清々しいのですが……。見頃のシーズンには爆発的に人が増えます。だからこそ、あえて真冬に訪れることをおすすめしたいですね。

洛北の高台にあるこのお寺の東照宮からの眺めは格別です。

京都盆地を背景にした伽藍を上から見られるのは珍しいですし、雪がなくても冬場は空気が澄んでいて遠くまで見渡しやすく、なにより人も少ない。お寺の凜とした空気を感じることができます。

冬の庭を眺めながら、新緑や紅葉を想像してみる。その答え合わせに、春や秋に再訪するのも面白いと思います。冬から始める京都の寺院めぐりは、きっとガイドブックにはないハッケンがあるはず。

雪景を撮影するときは、長年の経験と勘から積もりそうな夜半には心づもりをしています。

ありがたいことに拝観前に入れていただける場所も多いので、夜明けとともに撮影を始め、足跡がつかないうちに撮り終えて帰ります。

上の写真は、日の出すぐ。瞬間の美しさを切り取った一枚です。その瞬間にしか撮れないという意味では、冒頭最初の写真もまさにそう。刻一刻とその姿を変える雪景を、ぜひ間近で楽しんでください。

 

圓光寺
TEL 075-781-8025
京都市左京区一乗寺小谷町十三番地
拝観時間:9:00~17:00
http://www.enkouji.jp/


【おすすめ記事】

秋ならではの京都の美~詩仙堂/色づく木々の向こうに初夏を想う

梅の香に誘われ町あるき~北野天満宮/可憐な花のこぼれる先に

京の手しごとを訪ねて〜清課堂が伝える美の研鑽