京都で呉服店を経営する両親のもとで育った兄と妹が独自の感性で新しいキモノの世界を表現する「西村兄妹キモノ店」が、2019年10月から、毎月2日間だけの東京サロンを表参道にオープン。

兄のヒロカズはシンガーソングライター・バンドマン、妹のMIZUHOはメイクアップアーティスト、それぞれに呉服店としては異色の経歴を持つ。
そんな二人が2004年に創業した「西村兄妹キモノ店」は、“キモノ・和文化を身近に”を合言葉に、洋服生地で仕立てカジュアルに着られる「~和 nagomi~」と、洋のパーティシーンに似合う本格的で上質な「~寿 kotohogi~」の2本柱をベースに展開。京都御苑の蛤御門(はまぐりごもん)からすぐ近くに本店を構え、根強いファンに支えられて、この秋15周年を迎えた。

ハッケン!ジャパン編集部は10月の開店(25・26日)を前に行われた東京サロン内覧会に参加。

南青山、根津美術館前のビルの一室を訪ねると、そこには届いたばかりの秋の新作がずらり。シンプルで美しい色合い、まさにありそうでなかった“こなれ感”のある着物地や帯、小物が並び、洋の空間で違和感のないモダンさが印象的。京都の店だが東京にファンが多いという店主の言葉に納得すると同時に、東京・表参道という場所で際立つ、京都の洗練されたバランス感覚と文化性の高さをあらためて実感させられた。

西村兄妹キモノ店では、手にとってゆっくりと商品が見られるだけではなく、キモノを身近にするためのシーン・コミュニティ作りも意識。
11月の東京サロンでは「江戸小紋」をテーマに、江戸小紋を作るための道具や技の紹介と、伊勢型紙彫り体験ができるワークショップも開催(事前予約制、所要時間30分、参加費2,500円)。 詳細は西村兄妹キモノ店のWebサイトで。 ※終了


西村兄妹キモノ店 東京サロン http://www.kimonoten.jp/tokyo-salon

日程 2019年11月22日(金)~23日(土)/ 12月13日(金)~14日(土) ※終了

時間   12:00~19:00 

住所  東京都南青山6-1-6パレス青山412 

交通 東京メトロ「表参道」駅A5出口から徒歩6分、根津美術館前

※予約優先。メールにて予約のうえ来店を。kyoudai@kimonoten.jp